Topps StarWars Masterwork 2016 開封結果 1/4

starwars_masterwork_1

11月2日の発売から待たされること1週間。ようやくStarWars Masterwork 2016が到着しました。クオリティの高いスケッチカードが多数封入されていた2015年版に比べると、スケッチカードが激減し直筆サインカードもシールばかりで厳しい声が多いですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

送料無料 2016 TOPPS STAR WARS MASTERWORK[ボックス](8X-05007)
価格:27562円(税込、送料無料) (2016/11/9時点)

StarWars Masterwork 2015の開封結果からスケッチカードを期待していただけにこの改悪は残念。1BOXからスケッチカードが2枚も引けて、それぞれがBOX代金(22000円)以上で買い取られていくなんて奇跡はもう起こらないみたいです。

starwars_masterwork_1b

なかにはミニBOXが4個入ってますが、右端の1個が少しだけ浮いているような・・・。無駄なことだと思いつつも、大当たりを期待してこれは後回しにすることに。まずは左端から開封してミニボックスごとに結果をアップしていきます。

ミニボックスには必ず1枚当たりカードといえるものが入っているので、それがスケッチカードなのか直筆サインやその他カードなのか勝負の分かれ道です。

Base Set ベースカード

starwars_masterwork_2 starwars_masterwork_3

ベースカード最初の1枚は幸先よくレイが出ました。フォースの覚醒の終盤、森の中でのカイロ・レンとの決闘シーンですね。カードの白背景部分が雪に見えてすごく印象的な写真になってます。同じ場所でフィンがライトセーバーを構えるシーンもあれば、並べて飾るには最高の組み合わせになりますね。

Alien Identification Guide #AI-1 Greedo

starwars_masterwork_4 starwars_masterwork_4b

ベースとは違うデザインのインサートカード。299枚限定のフォイルパラレルでとてもきれいなカードですが、キャラクターに思い入れがなさ過ぎます。グリードは幼少期にはアナキンと知り合いだったり、ハン・ソロに殺されたりとそれなりに出番があったみたいです。そういわれてみれば、エピソードⅠのポッドレースで見かけたような。

Base Set Green Metallic Parallel

starwars_masterwork_5 starwars_masterwork_5b

こちらはベースカードのグリーンメタリックパラレル。50枚限定となかなかの少数シリアルですね。BB-8にR2-D2と新旧の2大人気ドロイドのカード。レイの通常版と比べると背景は緑、枠線は水色に変わり光沢のある加工になってます。

Autograph 直筆サインカード #Captain REX

starwars_masterwork_6 starwars_masterwork_6b

今回のミニボックスに封入されていたのは直筆サインカードでした。キャプテン・レックスというキャラクターは知らなかったので調べてみるとアニメ版ではそれなりに出番があり、コマンダー・コーディの親友とのこと。見たことがあるビジュアルも見つかりました。サインはシールではなくカードの直接書かれています。

スケッチカードは出ませんでしたがレイを引けたのは嬉しいですね。ベースカードとはいえ1BOXにわずか12枚程度しか入っていないので主要キャラクターは貴重です。残りのミニボックスからぜひともフィンを引きたいですね。

スポンサーリンク