08/09シーズンのアーセナル総括 GK・DF編 甘口

まだ試合は残っていますが全てのタイトル獲得の可能性が無くなり、順位もチェルシーに敗れたことで4位が確定しましたから、この辺で各選手について今シーズンの印象を思いつくままにまとめてみました。

選手別の出場試合数やゴール数などは、
公式サイトの「個人成績」のぺージで確認できます。

08/09シーズンの総括GK・DF編

アルムニア(GK)★★★★☆
シーズンの終盤に何度か故障で離脱してしまいましたが、プレミアとCLの試合ではほとんどの試合で起用され、チームを救うセーブもいくつも見せてくれました。アーセナルのファンで毎試合アルムニアを見ていた人なら、「イングランド代表に。」という声が上がっているのにも納得でしょう。どうみてもジェームズより上。ただし「伝統あるサッカーの母国の代表に、外国人がなんたらかんたら~」と異議が出るのは確実なので、個人的にはアーセナルに集中して欲しいですね。

ファビアンスキ(GK)★★★☆☆
アルムニアの故障に伴いリーグ戦やCLでも出場機会を得られたことはいい経験になったはず。
ただどちらもチームの守備が大きく乱れている時期だったので、好守を見せながらもゴールを決められることも多く少しかわいそうでした。来シーズンもNo2というポジションは変わらないと思いますが、今シーズンの経験を糧にそのまま成長してくれればOKです。

ギャラス(CB)★★☆☆☆
なんといってもチームメートに対する不満をメディアに漏らし、あのベンゲルにキャプテン剥奪までさせてしまったのが大きなマイナスでした。若手が多いチームの中で、自身の年齢もあって必要以上に「厳しく強烈なリーダーシップを取らないと!」と力が入りすぎていたんでしょうか。その後のパフォーマンスは非常に安定しており不可欠な戦力であることは確かなので、できれば来シーズン以降も残留して欲しいですね。

トゥレ(CB)★★★★☆
冬のシティーへの移籍騒動や、ギャラスとは個人的な友情関係に無いことを漏らすなど、いつでも明るく楽天家なイメージとは別の部分が出たことは少し意外でした。また無敗優勝時と比べてパフォーマンスが一段階落ちたところで安定してしまってるような印象があります。それでもギャラスとのプロフェッショナルなコンビは不可欠であり、残り1年の契約は延長して欲しいです。

ジュルー(CB)★★☆☆☆
ギャラスとトゥレに続く3番手というポジションを用意されていたにも関わらず、
故障がちなところが直らずチャンスをものにできなかったですね。
ディアビもそうですが肝心な時にいつも故障してる印象があります。

シルベストレ(CB)★☆☆☆☆
マンUからという意外な移籍でしたが豊富な経験を活かしてくれるのでは?という期待を持ちましたね。しかし結果は故障で多くの試合を欠場し出た試合でもイマイチな印象。ギャラスの故障で出場機会は増えましたが、いてくれてよかったと感じたことはあまりありませんでした。これならギブスのように若手を引き上げたほうがましだったかも。

クリシー(LB)★★★★☆
シーズン終盤にこそ故障してしまいましたが、去年に引き続き当たり前のようにスタメン出場し、
全体的に安定したパフォーマンスを見せてくれました。ギブスというバックアップもできましたから、
来シーズンは適度に休んで大事な試合には必ず出場して欲しいですね。

ギブス(LB)★★★☆☆
クリシーの故障離脱で、カップ戦要因からいきなり勝負どころのレギュラーに抜擢され非常に頑張ってたと思います。CLマンU戦でのズッコケはしばらく抜けないトゲになるでしょうが、より多くの試合を経験し成長していけばいいです。それにやっぱりユース上がりのイングランド人がいると、「外国人ばかり。」と揶揄される謂れが少なくなってくるので、ひいきしたくなりますね。

サニャ(RB)★★★★☆
今年も安定したパフォーマンスをみせていたのに、大事なところで離脱してしまったのは残念でした。
FAカップでのチェルシー戦にいてくれれば、マルダの同点ゴールはなくその後のシーズンもウニャウニャウニャ・・・。来シーズンこそは終盤の大事な試合にいいコンディションでいてくれますように。

スポンサーリンク