Panini Nobility Soccer ヤフオク落札データまとめ

10月17日までのヤフオクデータに限りますが、
Nobility Soccerのサインカード落札データを集計してみました。

結果はCrescent SignaturesとIconic Signaturesで分けて掲載しています。同じ選手でもそれぞれに別れていますのでご注意ください。また通常版とパラレル版も区別しています。

落札価格の平均が高いものから上位に並べています。

Crescent Signatures Panini Nobility Soccer 2017

2017年10月17日までの集計データです
※(P)はパラレル版。記載がないものは通常版です
タイトル シリアル 最安値 最高値 平均 枚数
Gabriel Batistuta(P) 20 72,000 72,000 72,000 1
Gabriel Batistuta 39,000 39,000 39,000 1
Alessandro Del Piero(P) 49 37,500 37,500 37,500 1
Thierry Henry 35,000 39,500 37,250 2
Alessandro Del Piero 30,000 37,510 33,245 11
Andriy Shevchenko 30,000 30,500 30,167 3
Eric Cantona 21,250 28,850 25,167 3
Rivaldo 17,500 27,000 22,529 7
Pele(P) 30 20,500 20,500 20,500 1
Luis Figo 20,000 20,000 20,000 1
Pele 19,500 19,500 19,500 1
Alessandro Nesta 6,400 23,500 13,889 9
Karl-Heinz Rummenigge 12,500 14,166 13,059 3
Gary Neville(P) 30 11,055 11,055 11,055 1
Paul Scholes 9,050 10,050 9,700 3
Fabio Cannavaro 8,805 9,350 9,101 4
Bobby Charlton 8,750 8,750 8,750 1
Michael Ballack(P) 20 5,294 13,500 8,231 3
Freddie Ljungberg 5,500 8,250 6,512 4
Michael Ballack 4,700 8,000 5,900 6
Carlo Ancelotti(P) 49 5,750 5,750 5,750 1
Mia Hamm(P) 20 5,200 5,200 5,200 1
Michael Owen 4,388 6,000 5,140 6
Alan Shearer(P) 49 3,766 6,000 4,883 2
Valeri Karpin(P) 10 4,300 4,300 4,300 1
Alan Shearer 3,650 5,250 4,220 6
Mauricio Pochettino(P) 20 4,200 4,200 4,200 1
Antonio Conte 4,100 4,100 4,100 1
Carlo Ancelotti 3,200 4,300 3,733 3
Rai Souza de Oliveira 1,750 4,150 3,428 7
Aleksandr Mostovoi(P) 20 3,301 3,301 3,301 1
Mauricio Pochettino 3,010 3,010 3,010 1
Mia Hamm 2,500 3,900 3,000 5
Mehmet Scholl 2,300 3,000 2,664 6
Massimo Oddo 1,800 3,000 2,550 4
Mario Kempes 2,100 2,900 2,500 4
Abby Wambach 2,100 2,100 2,100 1
Aleksandr Mostovoi 1,380 2,600 2,084 7
Andy Cole 1,701 2,400 2,060 5
Alexi Lalas 1,700 2,200 1,961 4
Valeri Karpin 1,160 2,800 1,937 7
Brad Friedel 1,100 2,600 1,850 2
Claudio Reyna 820 2,300 1,442 4
Bernard Lama 681 1,700 1,270 4
Valeri Karpin(P) 49 1,160 1,160 1,160 1
Brad Friedel(P) 49 1,100 1,100 1,100 1
Claudio Reyna(P) 49 840 840 840 1

落札枚数の多いカードベスト5
1位)Alessandro Del Piero…11枚
2位)Alessandro Nesta…9枚
3位)Aleksandr Mostovoi、Rai Souza de Oliveira、Rivaldo、Valeri Karpin…7枚

落札金額が高い選手ベスト5(通常版で比較)
1位)Gabriel Batistuta 39,000円 ※落札1点のみ
2位)Thierry Henry 37,250円
3位)Alessandro Del Piero 33,245円
4位)Andriy Shevchenko 30,167円
5位)Eric Cantona 25,167円

落札履歴のないカード 3/37種類
Diego Maradona
Paolo Maldini
Ryan Giggs

Crescent Signatures37種類のうち34種類までは落札履歴ありと、パラレル版を除けばほとんどのカードで取引が発生している状態です。

デルピエロはたくさん出品されていますが、人気があるため大きく値崩れしていません。落札数2位のネスタは最安値と最高値に大きな差があります。

もっとも高額で落札されたのは、バティストゥータの20枚限定パラレルサイン。72,000はかなり高額ですが「人気選手+初サイン+次の出品がいつあるか分からない」と高くなる要素がてんこ盛り。どうしても欲しい人は落札するしかないような状況ですね。

個人的には目に見える限定枚数以外には、パラレル版と通常版に大きな違いは感じないので倍以上も値段が違うのであれば通常版で十分な気がします。

またCrescent Signaturesの特徴として通常版はシリアルがなく発行枚数がわかりません。なのでもしかすると、選手によってはシリアル入りのパラレル版よりも通常版のほうが枚数が少ないというケースがあるかもしれません。

Iconic Signatures Panini Nobility Soccer 2017

※2017年10月17日までの集計データです
※(P)はパラレル版。記載がないものはその選手でもっとも枚数が多い通常版です
タイトル シリアル 最安値 最高値 平均 枚数
Miroslav Klose(P) 5 45,001 45,001 45,001 1
Paolo Maldini 15 41,500 42,000 41,750 2
Miroslav Klose(P) 10 38,000 38,000 38,000 1
Christian Vieri(P) 5 30,000 30,000 30,000 1
Carles Puyol 25 21,000 21,350 21,175 2
Miroslav Klose 15 9,250 9,250 9,250 1
Carlos Valderrama(P) 20 8,000 8,000 8,000 1
Gianfranco Zola(P) 20 7,200 7,200 7,200 1
Julio Salinas(P) 10 6,250 6,250 6,250 1
Mauro Tassotti(P) 20 5,000 5,000 5,000 1
Mauro Tassotti 85 3,900 3,900 3,900 1
Marc Overmars 300 3,460 3,800 3,615 4
Gianfranco Zola 300 3,300 3,550 3,450 4
Javier Zanetti 200 2,322 4,600 3,307 3
Mario Kempes 35 3,300 3,300 3,300 1
Mehmet Scholl 75 3,190 3,190 3,190 1
Gianluca Zambrotta 300 2,700 3,055 2,849 4
Massimo Ambrosini 300 2,200 3,000 2,575 4
Ian Wright 300 2,100 3,250 2,566 3
Carlos Gamarra 300 1,100 6,000 2,542 5
Paulo Wanchope 200 2,010 2,450 2,230 2
Roberto Donadoni 75 2,000 2,411 2,205 2
Julio Salinas 165 1,200 3,000 1,940 5
Aldo Serena 175 1,311 1,700 1,570 3
Rai Souza de Oliveira 99 1,109 1,811 1,460 2
Giovane Elber 300 1,000 1,300 1,100 3
Brad Friedel 99 1,000 1,100 1,050 2
Christian Fuchs 110 370 910 693 3

落札枚数の多いカードベスト5
1位)Julio Salinas(/165)…5枚
1位)Carlos Gamarra(/300)…5枚
3位)Gianfranco Zola、Gianluca Zambrotta、Marc Overmars、Massimo Ambrosini…4枚

落札金額が高い選手ベスト5(通常版で比較)
1位)Paolo Maldini(/15)41,750円
2位)Carles Puyol(/25)21,175円
3位)Miroslav Klose(/15)9,250円
4位)Mauro Tassotti(/85)3,900円 ※落札1点のみ
5位)Marc Overmars(/300)3,615円

落札履歴のないカード 26/49種類
Alan Shearer
Alessandro Del Piero
Alessandro Nesta
Alexi Lalas
Andriy Shevchenko
Andy Cole
Carlo Ancelotti
Christian Pulisic
Cristiano Ronaldo
Diego Simeone
Fabio Cannavaro
Filippo Inzaghi
Franca
Gabriel Batistuta
Lionel Messi
Marco Van Basten
Michael Ballack
Michael Owen
Patrick Vieira
Paul Scholes
Peter Schmeichel
Raul
Rivaldo
Ruud Gullit
Steven Gerrard
Thierry Henry

Iconic Signaturesの落札データはCrescent Signaturesとはかなり違う傾向が出ています。

まずなんといっても49種類のうち落札されたのが23種類で、なんと半数以上のカードはまだ落札されていません。つまり一部の選手以外は出品が非常に限られている状況です。

多くて15枚限定のロナウドやメッシのように厳しいSPの選手がいることも事実ですが、99枚もあるネスタやアンディー・コールも出品がありません。同じ枚数のアンリはまあ・・・ネームバリューがあるのでひとまずはキープされているんでしょうかね。

もっとも高額で落札されたのはクローゼの5枚限定パラレルサイン。クローゼは通常版でも15枚しかないSSPなので、その5枚限定パラレルとなれば多くの人が妥当とするかは別にして落札金額が上がってしまうのはしょうがないところですね。

他の枚数が少ない選手についても恐らく相場がつかめるほどの出品数は望めないので、もしも出品があった場合はある程度の出費は覚悟しなきゃいけないでしょうね。

・・・オーフェルマルスのサインが300枚もあってほんとに良かったです。

2種類のサインの落札傾向をまとめると

直書サインであるCrescent Signaturesはほとんどの選手について入手するチャンスがあり、落札金額を予想しやすい状況。自分が欲しい選手を探せばだいたいは見つかるし、過去の落札履歴から金額の見込みが立てられるので入手がそれほど難しくなさそうな感じです。

ただしあまり出品数が限られている選手もありますし、人気の選手は落札金額もそれなりになってしまいます。

ステッカーサインであるIconic Signaturesは「ある程度の枚数が出品されお手頃な価格で落札できる選手」と「ほとんど出品がなく価格の予想がつかない選手」に別れてしまってます

欲しい選手が前者であれば恵まれた状況ですが、後者であればとたんにハードルが跳ね上がります。それでも比較的人気が落ち着いている選手であればまだマシで、いずれも15枚限定のシェフチェンコ、バティストゥータ、Cロナウド、メッシになると入手は茨の道ですね。

個人的な目標だったアンリやヴィエラはかなり難しくなってしまいました。

スポンサーリンク

コメント

  1. pino より:

    いやぁこれは良記事ですね。とても分かりやすいです。
    しかしこう見ると、いくら良プロダクトでも、1パック1万ちょいなので、他にも小シリのインサート類も入ってるとはいえ大半は爆死ということですね。(まあ当たり前ですが)
    それに最近はサッカートレカ商品が充実して来たので、無理にここで押さえておこう!とはなりにくくなって来たのがオクの値をおさえてるのかも?ここでサイン書いたということは次の製品でも書きそうだな、となりますし、crescentに至っては直書きとはいえモノクロデザインが残念なので、敢えて次回待とうかなって気にもなります。
    いや本当にシールの方のデザインで直書きなら最高だったのに(^^;)

  2. AYA より:

    ありがとうございます。
    集計結果が選手名順だと傾向が見えてこないので落札価格順に並び替えました。

    Crescentは「初サイン+直書き」というプラスの評価にたいして、
    「モノクロ写真」というのがひとり立ちふさがっている感じですね。

    そのせいで個人的には両方にサインがある選手なら、
    ICONICの入手を優先したいなと思ってしまいますし、
    リュングベリのようにCrescentしかない場合は今後の商品まで待つつもりです。

    まれにその時の商品にしか入らなかったというケースがあるので、
    もしそれに当たってしまったらしぶしぶCrescentを探します(^^;)