フロンティア 開封結果 AC ミランカードセット 延長戦あり

2014-15 A.C. Milan Trading Card Set Series 1 by Authentica

待ちわびていたフロンティアのACミランカードセットがとうとう発売されました。最初はインテルのカードセットが話題になっていたところに、ミランの発売もリリースされて争奪戦が一気にヒートアップしたんですよね。

この順番は考えられた戦略だったのか、なじみのない新商品でもインテルで予備知識がありましたからミランは最初から爆発的な人気になりました

サッカーでここまで売り切れ続出になったシリーズはちょっと記憶にありません。

そんな人気商品を3セットも開封できました。サインが引ける確率は1/2ということなので、3セットからサインが2枚引ければ万々歳。インテルでは引けなかったシリアル入りのジャージカードも期待しながら開封しました。

ミランカードセット 1セット目
本田圭祐 & フェルナンド・トーレス ノーマルジャージカード(/300)

milan_honda_j_20150202113547d25.jpg milan_torres_201502021135501a4.jpg

高級洋菓子を思わせるパッケージから最初に出てきたのはノーマルジャージ2枚。本田にトーレスとどちらもネームバリューのある組み合わせですが、「サインを2枚引きたい!」という目標はいきなり崖っぷちまで追い込まれてしまいました。

インテルのジャージカードでは表面と中間層で異なる素材が使われており、側面から見ると「白+茶+白」とサンドイッチのようになっていましたが、ミランのジャージカードはすべて白で統一されていました。

もしこれがインテルの評判を元にして改善されたのならものすごい反応の速さですよね?

ミランカードセット 2セット目
ステファン・エル・シャーラウィ ノーマルジャージカード(/300)

milan_elswy_20150202113545968.jpg milan_jersey.jpg

先ほどの本田圭祐やトーレスとは異なり、ジャージ部分が黒一色なのが少しさみしいですね。

つづく2セット目はエル・シャーラウィのノーマルジャージ。残念ながらこれもシリアルが入っていないカードになりますが、もう1枚は薄いカードでサイン確定!とりあえず横にキープしておいて最後のセットも開封してみました。

ミランカードセット 3セット目
ジェレミー・メネズ ノーマルジャージカード(/300)

milan_menez_20150202113548955.jpg milan_jersey.jpg

メネズのジャージはしっかりマルチカラーです。

ここまで出ていなかったメネズの登場で、4種類のジャージカードがすべて揃いました。
そしてもう1枚は・・・また薄いカードでサイン2枚目!!

シリアル入りのゴツいジャージカードが引けなかったのは残念ですが、3セットでジャージカード4種類がすべて揃ったうえに、期待どおりサインが2枚引けたのは十分すぎる結果。

まずは2セット目で引けたサインを確認してみると・・・シリアルナンバーの分母は/30で、これはやや枚数が多いシルバーインク版。チェックリストで該当するのはこちらの4選手。

#Christian Abbiati (クリスティアン・アッビアーティ)
#Ignazio Abate (イニャッツィオ・アバーテ)
#Mattia De Sciglio (マッティア・デシーリオ)
#Fernando Torres (フェルナンド・トーレス)

この中ならトーレスがいいなと。次点で将来性のあるデシーリオ。
そして現実はそんなにうまくはいかないわけで。

フロンティア AC ミランカードセット シリーズ1
#FA-3 イニャッツィオ・アバーテ シルバーインク 直筆サインカード(01/30)

milan_abate_201502021135459c2.jpg milan_abate2.jpg

銀色のインクで書かれた丁寧に書かれたサインがカードに良く映えます。

期待した選手ではありませんでしたが、このサインカードめちゃくちゃかっこいい!そしてシリアルがファーストナンバー。最近、特別なシリアル番号を引くことが多いですね。

これだけかっこいいカードならどの選手が引けても嬉しいですね。インテルのサインカードもかっこよかったですが、こちらはもう一段上のレベルなんじゃないでしょうか。

アバーテサインの満足感で、気持ち的にはずいぶんと余裕が出てきました。残りの1枚を確認してみるとシリアルの分母は同じくシルバーインク版で33。さっきチェックしたリストが頭に残っていたので、この数字にはちょっと反応してしまいます。

というのもシリアルナンバー/33に該当するのはこの4選手。

#Diego Lopez (ディエゴ・ロペス)
#Giacomo Bonaventura (ジャコモ・ボナベントゥーラ)
#Stephan El Shaarawy (ステファン・エル・シャーラウィ)
#Keisuke Honda (本田圭祐)

つい先ほど、「どの選手が引けても嬉しい!」なんて言いましたが前言撤回。この4選手からもし選べるのであれば絶対に本田がいいですよ。でもエル・シャーラウィも悪くありません。

でもどの選手でもかっこいいからなと思いつつサインを確認していくと・・・。

やたらと横に長い見覚えのあるサインが。

フロンティア AC ミランカードセット シリーズ1
#FA-7 本田圭祐 シルバーインク 直筆サインカード(02/33)

milan_honda.jpg milan_honda2.jpg

巧みなサインで背番号である10の添え書きもあります

・・・まだ2月ですけど、早くも2015年でトップクラスのカードを引いてしまいました。まれにサインが途切れたり、一部が擦れてしまっているカードもあるみたいですが、この本田サインは細い線ながらもきっちりと書かれてます。

枚数が少ないゴールドインク版もいいですが、このシルバーインク版も背景にサインがよく映えていいですね。入念にレイアウトされたプリントサインと見まがうほどの美しさです。

写真とサインのバランスに本田の美意識を感じるといったら褒め過ぎでしょうか?いや「本田△ならそこまで考えててもおかしくないな」と思わされるカードです。

これだけかっこいいカードに本田やトーレスが直接サインしてくれてるんですから、そりゃ売り切れが続出しますよね。そんなわけで延長戦の開封に突入しました。

運よくミントプラスでミランセットの在庫が復活しているのをキャッチできたので、
1セットだけですが延長戦ができることになりました(結果はtwitterでアップ済みですが)。

ミランカードセット 3セット目
ジェレミー・メネズ ノーマルジャージカード(/300)

menez_02.jpg milan_menez_20150202113548955.jpg

すでに4種類が揃っているので、ジャージカードは誰を引いても必ずダブりとなるんでずがフランス代表のメネズでした。左が2枚目で最初に引いたものとは柄が違うのでまずまず。

そしてもう一枚は薄いカードで無事にサイン確定。
シリアル数が23枚なのでシルバーインク版も確定。

ゆっくりとずらしながら表を確認していくと、
ユニフォームではなくスーツ姿の写真が見えてきました・・・。

フロンティア AC ミランカードセット シリーズ1
#FA-10 フィリッポ・インザーギ シルバーインク 直筆サインカード(23/32)

pippo_auto.jpg pippo_auto2.jpg

ちょっとこれはありえない引きっぷり。そろそろシリアルが入ったジャージカードが引きたいなと思っていたら、まさかのピッポ・インザーギ。カードいっぱいに大きく書かれた豪快なサインがいいですね。

ただし少しだけ残念なのが、カード右上の隅に金ペンサイン用のインクが付着してしまっていること。サインを書いているときに他のカードと重ねてしまったり、誤ってペン先が触ってしまったんですかね。
pippo_auto3.jpg

さすがにこの結果ですっきり終われそうもう十分でしょう。

でもプレミアゴールド2013の欲しいカードはあらかた手に入ったし、日本代表スペシャルエディションは買わないし、Topps Premier Club2015はまだ先だし・・・。まだしばらくACミランセットの在庫復活チェックがやめられそうにありません。

フロンティア ACミラン カードセット
フロンティア インテル カードセット

コメント

  1. yfc より:

    こんばんは、こちらのインザーギのオートはまだお持ちでいらっしゃいますか?