Topps StarWars Masterwork 2016 開封結果 4/4

明けましておめでとうございます。本年も更新頻度が低めの当ブログと、サッカーカードフォーラムをよろしくお願いいたします。

2017年最初の開封結果は、昨年紹介しきれなかったtopps Star Wars Masterworkの残りという華やかさの欠片もないテーマですがご容赦ください。

推敲なしでちゃちゃっとご紹介を。

Base Set ベースカード

 

4パックのベースカードは先日亡くなってしまったキャリー・フィーシャーが演じるレイア姫と、その父親であるベイダー卿の組み合わせでした。

アントン・イェルチンしかりキャリー・フィッシャーしかり、今後も続いていく作品がありご本人が亡くなるようなタイミングではないのに訃報を聞かなきゃいけないのは残念ですね。

インサートとパラレルは割愛して、最後に出てきたヒットカードはこちら。

Royal Mail Stamp

期待して最後まで残しておきましたが、スタンプカードであえなく撃沈。しかもユアン・マクレガーじゃないオビ=ワンというのがなおさら残念です

ミニボックスの開封がすべて終了しましたので昨年と比べてみました。

2015年の開封結果との残酷なコントラスト

オビ=ワンのスタンプカードがオビ=ワンのスタンプカードに変わって。

 →

ボバ・フェットのサインがアニメキャラクターのサインに変わって。

 → 

BOX価格以上の値段がついたスケッチカードがメダリオンに変わって。

 → 
BOX価格以上の値段がついたスケッチがサブキャラのパラレルサインに変わりました。

 → 

落差がエグい。これを僕の引き運のなさだけでは片付けたくはないですね・・・。思わず過去に戻りたくなるような開封結果で散々な目にあいました。

スポンサーリンク