BBM 四元奈生美 カードセット Final Winnerの情報まとめ

昨年末はリアルビーナスの開封で賑わいましたが、
女性アスリートつながりといえば今月中旬に卓球の四元奈生美選手のカードセットが発売されます。
物珍しさに中身がよく分からないまま1セットだけ予約していましたが、
ポツポツと情報が出てきたのでまとめてみました。

BBM 四元奈生美カードセット 『Final Winner』
限定3000セット。卓球 四元奈生美選手の初のカードセット。直筆サインカード3種類のほか、コスチュームカードやラケットのラバー部分を挟み込んだメモラカードも封入されています。

発売元のベースボールマガジン社(以下BBM)はカードの写真以外には大雑把な内容しか載っていませんが、ネットで見かけたプロモカードによると詳細はこんな感じ。

BBM 四元奈生美 カードセット Final Winner

レギュラーカード 全18種
スペシャルインサート
・直筆サイン 3種
・コスチュームカード 1種
・ラバーカード 2種
・フォトカード18種

フォトカードはレギュラーと同じ数だけあるんですね・・・。1種類100枚としても合計1800枚で、限定3000セットの6割はフォトカード。それでも浅尾&西堀の優勝記念セットよりは遥かにましなオッズですし、1:2に近い割合でフォト以外ならそこまでひどくは無いかも。

と、ここまで書いてきてフォトカードには小枚数のパラレル版という、あくどい奥の手があったことを思い出しました。いやしかし、それなら「パラレルあり」とBBMのサイトに明記してるんでないか?そう思ってフォトパラレルがあったビーチバレーカードattack!のページをチェックしてみたんですが、最初に掲載された商品構成のどこにも「パラレルあり」なんて書いてありません。

ということでパラレル有りという残念なケースを考慮して、枚数予想を立ててみることにしました。

合計3,000セット
・フォト 18×100 1,800枚
・フォトパラ 18×25 450枚
・サインA 1×100 100枚
・サインB 1×100 100枚
・サインC 1×50 50枚
・コスチューム 1×300 300枚
・ラバー 2×100 200枚

これだとフォトカードの割合が7割強と、急に雲行きが怪しくなってしまいました。
卓球のラケットのサイズを考えるとラバーカードはもっと少ないような気もするんですが、
それだとサインの枚数がかなり多くなるし現実的にはこれくらいかなと。
たくさん買う予定も無いのであまり突き詰めていく必要はありませんが、
できたら予想が外れてもっと甘いオッズになってたらいいですね。

四元奈生美カードセット オッズ確定情報

2010/1/19にBBMのサイトで公開されたカードリストは以下の通り。

合計3,000セット
・フォト 18×80 1,440枚
・サインA 1×50 50枚
・サインB 1×100 100枚
・サインC 1×150 150枚
・コスチューム(青地) 1×245 245枚
・コスチューム(金刺繍) 1×15 15枚
・ラバー黒 1×300 300枚
・ラバー赤 1×700 700枚

フォトカードが予想よりも少なくなったのはいいんですが、ラバーカードが合計で1000枚もあるんですね。いったい卓球のラケットいくつ分なんでしょうか。オッズとしては1:3でラバーカード。1:2でフォト以外のカードになりそうです。

BBM 四元奈生美カードセット 『Final Winner』
限定3000セット。卓球 四元奈生美選手の初のカードセット。直筆サインカード3種類のほか、コスチュームカードやラケットのラバー部分を挟み込んだメモラカードも封入されています。

スポンサーリンク